banner

会社設立と会社法について

会社設立と会社法について

会社設立は会社法に基づいて設立を行う事になります。

因みに会社設立と言うのは、会社の憲法とも呼ばれる定款を定め、それを公証人役場で定款認証を受け、資本金の払い込みを行い、会社の住所が管轄になる法務局で会社登記を行うまでの流れを会社設立と言います。

この流れの中でも定款を定めることは、会社設立の中でも重要な要素を持つもので、定款をうまく定める事で会社に大きなメリットを引きだす事が出来ます。

尚、会社法と言うのは平成18年5月1日に改正が行われ、新会社法として施行されました。

この時どのような改正が在ったのかを知ることで会社設立がしやすくなったことが明確になります。

今まで、株式会社設立の場合には最低資本金額は1000万円が必要になっていたのですが、法律が改正されたことで最低資本金は1円に引き下げられ、自由に設定する事が可能になっています。

また、現在の法律では、資本金払い込んだ後は、払い込んだ証明として通帳の記帳を行い、それの写しを法務局に提出すれば良いのです。
しかし、以前はこのような簡易的な方法では証明を作ることが出来ませんでした。

従来は、資本金を払い込みした後、金融機関に対して払い込みの証明を得る書類でもある、払込金の保管に関する証明書を作成して貰う必要が有ったのです。

しかし、これから設立する会社は信用が有りません。
そのため、銀行などの金融機関は保管証明の証明を拒むケースが多くあったのです。
保管証明の書類が無ければ会社を登記する事が出来ませんので、払込金の保管に関する証明書を作成してくれる金融機関を探さなければなりませんでした。

資本金は払い込みを行った後通帳の記帳を行えば引き出すことが可能になっています。

ですが、払込金の保管証明書が発行されなければそれまでの間は資本金を引きだすことが出来なかったのです。

尚、現在の法律では通帳の記帳の写しを払込証明書と言う形にすることが可能になっているのです。
これの書類を作る事を拒むケースが多く存在していたのです。

また、新会社法では取締役の人数は1名から可能になっていますが、従来は取締役は3名以上、そして監査役を1名専任しなければなりませんでした。
これは個人事業を手掛けている人が一人で会社設立を行う事が出来ない要因でもあり、有限会社を作ると言うケースが多かったのです。

現在では規制も緩和されていることからも、個人事業を手掛けている人でも、一人から会社設立が可能になっていると言う特徴が有るのです。

Copyright(c) 2014 会社設立の書類と手順 All Rights Reserved.